11月 高尾山遠足(年長)

三鷹杉の子幼稚園

0422-44-6463

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀6-15-10

ブログ

11月 高尾山遠足(年長)

元気っき新聞

2018/11/13 11月 高尾山遠足(年長)

<高尾山遠足・年長>

 
前日からたくさん雨が降り 天気が心配でしたが 気持ちよく決行
思い出の遠足になりそうです
皆で電車に乗って はるばる高尾山に登るのには 大きな意味があります
高尾山口に着いたら ケーブルカーへ
行きは もみじ号
外の景色が一気に目にうつり込む  大興奮
下車すると 新緑と 澄んだ新鮮な空気に包まれ
450歳のタコ杉も こんな表情で 子ども達を出迎えてくれます
 これから 細い山道へ
 山道に入って 数メートル先には 立派な倒木が
 前回起きた台風の凄まじい 爪痕が 残されていました
 いろんな意味で 自然を肌で感じる子ども達
 時には トンネルの倒木も (安全面は事前に確認済です)
 倒木から キノコが    葉っぱにタマゴが
 歩きながら 子ども達は いろんな発見を 教えてくれます
  
  そして
  緩やかな道から 少しずつ登り坂へ
 息切れしながら 皆 一生懸命 歩き
 普段とは 違う 感触を足で 感じながらも
 一歩ずつ 進みます
 時には つらさも あって 少々 無言に
 でも つらいときは 先の方で 仲間が待ってくれている
 「〇〇君 大丈夫?」
 「大丈夫だよ ありがとう」と 何気ない言葉のやりとり  嬉しいです
  中間地点で 一休み
  何やら 配っているのは 「元気になる 魔法の飴」
  これを食べたら 百倍元気になるらしい
 元気を取り戻し いざ 頂上へ もう一頑張り
 前に進むけど 途中で 何やら おもしろい木を発見
 空洞になった 木の穴の先には おや 誰かがのぞいている
 緑に染まった木々の中 突如 光が差し込んできた先は
 いよいよ 頂上
 あと もう少し
 最後の階段
 重かった足取りも 勢いがついてきて
 ようやく  無事 到着
 頂上は こんなにも 色づいたカエデの木と 空を近くに感じながら
 皆が楽しみにしていた お弁当タイムに入ります
 皆 待ちきれない様子でお弁当箱を開き 「いただきます」
  格別な味 おいしいね
頑張って歩いた後は ご褒美にムササビのシール
大切に持ち歩いた しおりに貼って 大満足
 眺めは最高 皆で景色を一望した後は
 楽しみのビジターセンターへ
 ここでは 高尾山のこと 皆が知りたかったムササビや生き物について
 いろいろ 教えてくれます
 スライドをみながら
 「どうぶつのフィールドサイン」を追って 生き物の生態に迫るなんて
 普段の生活の中では なかなか感じられないことが盛りたくさん
 皆 真剣 楽しく学んでいます
 これは ムササビや リスやネズミが 食べ残した木の実や葉っぱ
 ヒヨドリの巣まで 見せて触らせてくれました
 束の間でしたが 予定通り これから下山
 その前に もう一度 景色を胸に刻んで
(この後は 天狗を見たり ムササビの巣を見つけながら
 帰り道も楽しめました)
 高尾山遠足
 高尾山に登るには 意味があります
 自然に触れること いろいろな感動や 気づきに発見
 自分の力で歩くこと 歩き抜いたこと
 仲間とみんなで 感じながら歩くことは
 想像以上に 自信と経験の学びがたくさんあるようです
 何しろ 子ども達が 「また行きたい」と言って 楽しんでいたこと
 帰りは やや疲れ顔でしたが 表情の奥には
 どこか達成感に満ちているように感じました
 無事に帰路に着くことができ 一安心
 保護者の方には 早朝から お弁当づくりに送迎と ありがとうございました
 他の学年の保護者の方も 共にご協力ありがとうございました

TOP